曳舟周辺の皆さん、噛みしめ・くいしばりの弊害をご存知ですか?

2019.12.16

 

噛みしめ・食いしばりを防ぐために

本来、人間の上下のはが接触するのは、食べ物を噛む時と飲み込む時だけです。

もし、頻繁に噛みしめや食いしばり、歯ぎしりなどをしていると、あなたの歯は磨耗し続けあちこちにしみる感じが出たり、ひび割れが進んで、ときには歯が壊れてしまうことさえあります。

お口のまわりの筋肉や関節が破壊され続け、なかなか治らないと言う結果になるのです。

このような癖が思いあたるようでしたら、直ちにやめるように努力してください。

一般的には自覚がない場合が多いので、この機会に次のような症状がないか意識してみてください。

⒈ 上下の歯が、冷たいものを食べたり、歯ブラシをしたりしたときにしみる。

⒉ 奥歯で噛んだときに瞬間的にピリッと痛いことがある。

⒊ 歯の横の面がえぐれ削れていて話が細くなったような気がする。

⒋ 朝起きたときに首筋や肩に凝りを感じることがある。

⒌ ふと気がつくと噛みしめていたり、舌を上顎に強く押し付けたりすることがある。

⒍ 顎が開かなくなったり、開くときに痛みを感じたりすることがある。

⒎ 下顎の骨がゴツゴツして出っ張っている。

⒏ 歩の周りの筋肉が硬くて、いつも緊張している。

知覚過敏との関係

知覚過敏の原因としては、研磨剤の入った歯磨材や硬い歯ブラシの使用、酢の入った飲料、ヨーグルト、炭酸飲料の過剰摂取による酸蝕症などがありますが、噛みしめや歯ぎしりによる知覚過敏によく遭遇します。

歯ぎしりは、上下の歯を無意識に擦り合わせるグラインディングと噛みしめや食いしばりを意味するクレンチング、連続的にカチカチとかみ合わせるタッピングなどがありますが、これらの習癖は起きてる間も寝ている間ににも歯に強い持続圧が加わるため知覚過敏が生じる原因となります。

噛みしめや歯ぎしりの習慣を止める最も効果的な方法

唇を閉じて歯を離す感覚を覚えることです。

唇を閉じて、上下の歯を離し、顔の筋肉の力を抜くことを意識してみてください。

このことを1日に何度も練習してください。

この簡単な方法で、顎の関節とお口のまわりの筋肉は非常にリラックスし、緊張や口張りから解放されます。

また知覚過敏が軽減し、歯の寿命も格段に伸びると言うことが報告されています。

噛みしめから歯を守る

噛みしめを予防するには、前述したように覚醒時にそれを意識することが基本となります。

夜間に歯ぎしりや食いしばりを伴いながらの噛みしめには、意識のない時に歯を守る装置であるマウスピースやナイトガードを装着します。

墨田区、本所吾妻橋、押上、曳舟、東向島、八広、小村井、東あずま周辺で歯のご相談なら

おそざわ歯科へ

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

曳舟、押上、京島のおそざわ歯科