保険による歯周組織再生〜リグロス〜

2017.11.19

皆様こんにちは、歯科医師の遅澤沙奈です。

今回は歯周組織再生についてです。最近歯科界では、『リグロス』といそう歯周組織再生の薬が保険認可されました。

歯周組織再生とは?

歯周病にかかっている方はご自身でも経験があると思います。歯が揺れてきて、腫れて、抜いた経験が・・・歯が揺れる=支えている骨が溶け出しているイメージです。骨がなくなってしまうと歯が揺れ出すのでそれを薬を用いて新しく骨(歯周組織)を作り出そう!ということです。

リグロスの正体

FGF-2(線維芽細胞成長因子−2)

血管新生を誘発し、歯周組織再生を促すタンパク質です。

この薬剤を塗布することにより失った骨を回復させることができます。

ただそこまでいくにはきちんと、患者さん自身がブラッシングを正しく行って、最初の基本的な治療をしてからではないと効力は発揮できません!そしてこれは歯周外科手術になります。

簡単でしたが、歯周病に悩んでいる方、保険内で出来る歯周組織再生があるってことを知っておいてくださいね!

そして歯周病が進行しない為にも、今から正しいブラッシングを身につけていきましょう。おそざわ歯科ではブラッシング指導も行なっています。わからないことがあれば何でもご相談くださいね。

墨田区の押上、東向島、曳舟、京島、文花、立花、墨田、八広、堤通り、本所、向島 で歯のことなら、おそざわ歯科へ。

 

 

 

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

曳舟、押上、京島のおそざわ歯科