妊婦さんへの対応

2017.08.11

こんにちは、歯科医師の遅澤 沙奈です。

今日は妊婦さんへの対応についてお話ししたいと思います!

東日本大地震の時、放射線について騒動起きましたよね。その時は患者さん自体にもX線の放射線って危ないのではないのかと言われたりもしました。

私達は日常生活のなかで、常に放射線を浴びています。年間2.4mSv(世界平均)くらいは被爆しているといわれています。

歯科用レントゲン写真1枚で約0.01mSvといわれていますので、通常の歯科治療で撮影される枚数程度なら心配はありません。更に最近ではレントゲンのデジタル化が進んだのでもっと少ないのです。また鉛のエプロンで防護し、かつ腹部とは距離があるので被爆量はほとんど問題ないと考えられます。

妊娠している方にとってはとても心配ですよね。でもそこまで気にすることではないのです。不安があればかかりつけ医に聞いてみてくださいね。

今日はレントゲンのお話しでした!

墨田区の押上、東向島、曳舟、京島、文花、立花、墨田、八広、堤通り、本所、向島 で歯のことなら、おそざわ歯科へ。

なんでもご相談ください!

 

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

曳舟、押上、京島のおそざわ歯科